色校正について

前回 ライテイングに関して

パンフレットや会社案内を制作するときに制作会社のサイトや料金のところを見てみてると、よく色校正代は含まない、色校正代は別途となりますなどと書かれているのを目にするのではないだろうか。
この色校正というのはどういうものでどのような時に使うものなのだろうか。

まず、この色校正とは印刷物を実際に印刷したときにどのような色で見えるか確認するものである。
なぜこのようなことが必要になるかというと、印刷前に確認するものはPCなどのモニターで確認することがほとんどであり、モニターと実際の印刷物では色の表現方法が異なる。
モニターはR(レッド)とG(グリーン)とB(ブルー)の加法混色で表現しており、印刷物はC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)の減法混色で色を表現している。
そのため、モニターで見た色と実際の印刷物の色が異なって見える場合がある。
また印刷する用紙によっても色が多少変わって見えることもあり、そもそも人種や環境など人によって色の見え方が異なる。
そのため、一度本番と同じ状況で印刷して確認してみる色校正が必要となってくる場合がある。
この本番と同じ紙やインクでやるものを本機校正という。

では、どのような場合にこの色校正というものを使ったらよいのか?
色が気になると時といえば当然だが、例えばカタログを制作するときなどがこれにあたる。
商品のカタログを作る時は、当然商品の写真を掲載するだろう。
この掲載写真の色味が違っていたらカタログとして意味をなさなくなってしまう。
こういった時は、全てのページを色校正とると料金がとても高くなってしまうので、表紙と中面の見開き1~2ページだけとるなどするとあまり料金を増やさず、色味をチェックできる。
もちろん気になる時は全てのページを色校正とれば全てチェックできるが、その分かなり料金は上がってしまう。
あとは、黒一色のベタや発色の難しい緑系統が多いもの、淡い色合いのものぐらいだろうか。
また箔押しなどのときも使われる。

どうしても色を確認したいという時以外は使わない。
最近のネット印刷などでもかなり良くなってきおり、制作に使われるMacのモニターも実際の印刷されるときのものに近い発色になってきているため、どうしても色の確認が必要なもの必要な時以外は使わなくても特に問題はないだろう。

次回 Webページ制作













人気ブログランキング

この記事へのコメント


人気ブログランキング