Webページ制作

前回 色校正について

今回はWebページのリニューアルをすることになった。
Webに関しては、あまり知識がなく、どうやればいいかもわからないので、パンフレット制作の時と同じく色々調べてみることから始めた。
まず、なぜHPが必要なのだろうか?
今の世の中、会社名を検索すれば大概何かしらの情報がでてくる。
どんな会社なのかいちいち説明しなくても大体のことは掲載している会社が多い。
また、集客を目的としているのであれば何かの検索ワードで検索してでてきた中でアクセスしてもらって、必要があればお問い合わせフォームやメールにて問い合わせさせて集客するのが多い。
簡単なものでもHPがあり、ある程度情報が知れるだけで、安心感があるし、ちゃんとした会社である印象もうける。
なので、集客目的でないにしろ、HPの一つくらいはあったほうがいいのである。
ただ、一度作ってそのままという企業も多いだろう。
過去に作ったものだと、HPの機能やデザインが古くなってしまっており、管理する側も見る側も見にくいし、わかりにくくなってしまってたりする。
また、ある一定の集客を望むのであれば、レスポンシブ化しておいたほうがよい。
なぜかというと、検索エンジンの最大手googleでは、レスポンシブ化してある方が評価される傾向にあり、実際Webページを見るデバイスの割合もスマートフォンがかなりの割合を占めてきている。
このレスポンシブ化を行い、PCでもスマートフォンでもどちらでブラウジングしても見やすいようにしておくことで、評価され、アクセスも増えるということである。
当然これだけで検索上位になったり、問い合わせが増えるわけではないが、HPを制作やリニューアルするときにやっておいたほうが、後からレスポンシブ化するよりもコストを下げられたり、レスポンシブ化し易いということがある。
問い合わせフォームを作るか、作るならどの程度のもので、どんな機能がいるか。
更新するところはあるか?全体のページ数は?・・・・

等などいろいろ決めることがある。
そして色々決める中で、大事な部分として、HPのデザインというとこもある。
ここのデザインの部分を大切にしたいというのであれば、デザイン会社でWebページの作成しているところもあるのでそういったところに依頼するとデザインのよいものがあがってくるかもしれない。

・単純にHPがあればよいというのであれば、HP制作を専門にしている業者で安いところを探せばいいだろう。

・集客目的やいろいろな機能を使いたいということであれば、SEO対策やフォローまでしっかりしてくれるところが良いだろう。但し、そういった場合当然料金がかかるので、目的に必要な機能をしっかり確認して、必要なものを選んでいこう。

・デザイン性を重視したというのであれば、デザインを主にやっている制作会社に依頼しよう。もしくは、デザイナーを雇用し、しっかりとデザインの相談もできるところがよいだろう。
以前、パンフレットなどをお願いしたパンフレット制作.jpさんもWebの制作をしていたので、一度相談してみた。

このように、一口にWeb制作やリニューアルといっても目的や用途が違うので、今必要なことややりたいことは何なのかしっかり検討した上で行っていきたい。

次回 デザイン修正時について













人気ブログランキング

この記事へのコメント


人気ブログランキング