制作会社を選ぶ時

前回 デザイン修正時について

複数のものの制作を頼む時、制作会社はデザイン実績からみる類似のもののデザイン性や料金、納期から選ぶかとは思うが実際にどんなものが出来るかどうかは少なからず不安としてあるとは思う。
そういった時は、例えば4Pの会社案内とカタログを作成検討してるときなどなら、先に4Pの会社案内を制作依頼し、完成して納品してもらったものを確認したあとにカタログなど別のものを作成してもらうといいだろう。
そのまま、デザイン性や納期、料金などで納得したのであれば、追加でカタログなど別のものを頼むにしても安心して依頼できるだろう。
もし、デザインが気に入らないなどがあれば、その後の制作物は別の業者を探すこともできる。
なので、もし不安であれば4Pの会社案内など軽いものを制作してもらって、それに納得したら別のものも頼むとよいだろう。制作の間のやり取りなども確認できるし、実際に製本し、納品されたものもみれる。
ただし、これは複数のものを作成予定のときにやれることであり、他に作成物のない場合はデザイン性や料金などしっかり調べて検討し、依頼するようにしたほうがよいだろう。
ただ、制作に必要な原稿など必要な材料をきちんと渡し、制作してもらえばそこまでおかしなものはでてこないとは思われる。

デザインの確認については、デザインコンペなどと言った方法もあるが、コンペの場合だとそもそもコンペは断っているところもあり、成立しなかったり、複数社に説明しないといけないため、そのための資料作りなどによる労力がかかったり、説明不足になってしまうこともあるため、あまりおすすめはできない。

次回 写真撮影時の環境について











人気ブログランキング

この記事へのコメント


人気ブログランキング